どろあわわは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

毛穴のお悩み

いちご鼻をきれいに治すには?適切な対策を取れば治る可能性は高い!

投稿日:

鼻の黒ずみが目立ってしまういちご鼻ができてしまうと、鏡を見るたびにウンザリしてしまいますよね。

自分でなんとかいちご鼻を改善しようと努力をしても、なかなか毛穴の黒ずみはキレイになってくれません。

 

そこで今回は、いちご鼻をキレイに治すための対策やいちご鼻ができる原因などについて、詳しくご紹介していきます!

いちご鼻に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

いちご鼻ってどんな状態のことを言うの?

美容関連の記事などを読むと、よくいちご鼻という言葉が目に付きますよね。

いちご鼻とはどのような状態なのかというと、鼻の毛穴に古い角質や皮脂が詰まってしまい、それらが角栓になって酸化して黒ずんでしまった状態のことを言います。

 

この状態になってしまうと黒いブツブツができるので、鼻がいちごみたいに見えるのでいちご鼻と言われるようになりました。

また、いちご鼻になると、鼻に触るとざらざらした感じがします。

 

鼻の毛穴に角質が溜まってくると、いちご鼻の初期段階です。

でも、ここで角質をムリに毛穴から取り除こうとしてしまうと、いちご鼻が悪化してしまうので気をつけてくださいね。

 

いちご鼻ができる原因の一つに、洗顔がしっかりできていないことによって細菌が増え、表皮常在菌のバランスが悪くなってしまい皮脂が過剰に分泌されるということも挙げられます。

 

実は、脂性肌で鼻に過剰な皮脂が溜まりやすく、大きな角栓を頻繁にムリやり取り除いていた男性が、洗顔方法を正しくしたらいちご鼻が改善されたという例もあります。

この男性は、いちご鼻がそこまでひどくなかったということもあるのですが、やはり正しい洗顔をすればいちご鼻を直す可能性は高まるでしょう。

 

いちご鼻はいきなりできるものではなく、鼻の毛穴を指で押したら円柱の皮脂の塊が出るというような症状が徐々に現れて、いちご鼻となっていきます。

なので、いちご鼻になる前に防ぐこともできるということですね。

 

では次に、どうしていちご鼻ができてしまうのかその原因を詳しくご紹介していきますね!

 

いちご鼻はどうしてできてしまうの?

いちご鼻を直す方法をご紹介する前に、まずは、いちご鼻がどうしてできてしまうのかその原因について詳しくみていきましょう。

いちご鼻ができる原因を知れば、いちご鼻ができるのを予防することもできますね!

毛穴に古い角質や皮脂が溜まる

古い角質や過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まって角栓になることが、いちご鼻ができてしまう主な原因になります。

毛穴に詰まった角栓がスムーズに剥がれ落ちれば問題ありません。

でも、角栓として溜まって酸化すると黒くなるので、いちご鼻になってしまうのです。

 

角栓が毛穴に詰まって酸化したり、メイク落としがきちんとできていなくて肌に残ってしまった油が酸化したり、毛穴が開いたりしていると、いちご鼻ができやすくなります。

毎日の生活習慣

さきほど、いちご鼻ができてしまう主な原因をご紹介しましたが、実は、いちご鼻ができてしまうさらに大きな原因があるのです。

さきほどご紹介した原因を改善することももちろん大切です。

でも、もっと根本的に改善しないといけないこともあるので、ここではそれらのことについてご紹介していきますね。

 

いちご鼻ができてしまう根本的な原因は、下記のことになります。

  • 女性ホルモンのバランスが乱れていてプロゲステロンが過剰に分泌している
  • 肌が乾燥している
  • 肌質が脂性でTゾーンがオイリー
  • 脂っぽいものや刺激のあるものをよく食べる
  • ストレスが溜まっている
  • アルコールをたくさん飲む
  • タバコを吸う習慣がある
  • 十分な睡眠が取れていない

毛穴に古い角質や皮脂が溜まるというのを改善するということは、目で見ることができる部分のみでいちご鼻を改善していくということになります。

これももちろん大切なことなのですが、根本的な原因から改善していかない限り、いちご鼻を確実に直すことは難しいでしょう。

 

いちご鼻ができる原因には肌質もかなり関係しますが、毎日の生活習慣もいちご鼻に大きく関係しているのです。

つまり、これらの原因が混ざり合って皮脂が過剰に分泌されてしまい、いちご鼻ができてしまうということなのです。

 

いちご鼻ができてしまった場合は、角栓を除去することよりも、健康的な肌へと改善することがポイントになります。

健康な肌になれば、過剰な皮脂が分泌されることがなくなるので、いちご鼻を根本から直すことができるでしょう。

 

いちご鼻を改善するためにしてはいけないこと

「肌トラブルを改善して、美しい肌になりたい!」とスキンケアを頑張っている人が陥りやすいのが、肌トラブルの根本的な原因を改善するのではなく、視覚的に見ることができる部分だけを改善しようとしてしまうことです。

残念ながら、このようなケアを行っていると、せっかく頑張っていても気になる肌トラブルは悪化してしまうでしょう。

 

いちご鼻も同じことで、間違った方法でケアを行ってしまうと、いちご鼻が悪化してしまいます。

そこでここでは、いちご鼻を改善するためにしてはいけないことをご紹介していきますね!

毛穴パックは肌に刺激を与えるのでNG

いちご鼻になってしまうと、「毛穴パックで毛穴の黒ずみを取り除きたい!」と考える人は多いです。

でも、毛穴パックは肌に強い刺激を与えてしまうため、毛穴パックで角栓をムリに除去してしまうと毛穴が開いて、もっと汚れなどが溜まりやすくなるでしょう。

 

すると、頻繁に毛穴パックを使うようになりますよね。

その結果、刺激から肌を守る機能が働くようになって、毛穴の周りの角質が厚くなってしまったり、まだできあがっていない角質が鼻の表面に上がってきたりしてしまうので、さらに角栓ができてしまいます。

 

毛穴パックを使うと、いちご鼻の改善どころか悪化させてしまうことになるため、使用は控えてくださいね。

それでも、「いちご鼻が気になるから毛穴パックを使いたい!」という場合は、1週間に1度か2週間に1度くらいの頻度にしてください。

 

ちなみに、「毛穴パックをする前に、オロナインH軟膏を塗るといちご鼻を直すのに効果的」と言われているようですが、実は、この方法はおすすめできません。

 

どうしてかというと、オロナインは軽い皮膚の疾患を治すための医薬品で、公式ページには、にきび、吹出物、はたけ、 かるいやけど、ひび 、あかぎれ、しもやけ、きず 、じゅくじゅくしていない水虫、たむし、いんきん、しらくもに効能や効果があると載っていて、角栓を除去したりいちご鼻を改善したりするような効能や効果は載っていないからです。

 

医薬品を使うときは、正しい使用方法や使用量に従うことが大切なので、それ以外の使用方法をすると副作用が生じる可能性が高まってしまいます。

また、オロナインを塗るというのは、いちご鼻を根本からは改善しません

 

オロナインには、有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液とオリブ油(オリーブオイル)が配合されていて、クロルヘキシジングルコン酸塩液は刺激の低い医薬品で、殺菌や消毒薬に利用されている成分です。

オリブ油は、肌を柔らかくする効果があるので、スキンケア商品によく利用されていますね。

 

これらの成分によって、毛穴パックをする前にオロナインを塗ると、普通に毛穴パックをするよりたくさんの角栓が取れるため、オロナインをいちご鼻の改善に使用すると良いと言われています。

でも、角栓を取り除いたからといって、いちご鼻が改善されるというわけではないのです。

 

オロナインを塗って毛穴パックをすると、ムリに角栓を取り除くことになります。

これは、いちご鼻が根本から改善されるわけでもないし、いちご鼻の正しい改善方法でもありません。

 

もちろんオロナインH軟膏は、高い安全性のある医薬品で、優秀な成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液とオリブ油が配合されている良い商品です。

でも、いちご鼻を根本から直していくことを考慮すると、この方法はおすすめできません。

クレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎない

スキンケアをするうえで、クレンジングや洗顔はとても大切です。

でも、いくら皮脂の過剰な分泌によっていちご鼻ができてしまうとは言っても、皮脂が除去され過ぎると逆にいちご鼻の症状が進んでしまうでしょう。

 

シートになったクレンジングやミネラルオイルなどのクレンジングオイルは、肌に強い刺激を与えてしまうため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

すると、乾燥から肌を守ろうとして皮脂が余計に分泌されてしまうので、いちご鼻が悪化してしまうのです。

 

クレンジングや洗顔によって皮脂が除去され過ぎると、ターンオーバーが早まってしまい逆にたくさんの皮脂が分泌されるということですね。

なので、いちご鼻を治そうとして、1日に何度もクレンジングや洗顔をするのは控えるようにしましょう。

 

また、黒ずみをキレイにしたいと考えて、強い洗浄力のあるクレンジングや洗顔を使うのもおすすめできません。

いちご鼻ができてしまった場合は、皮脂はいらないと考えるのではなくて、肌を潤わせる適度な皮脂がいると考えるようにしてくださいね。

 

皮脂を取り過ぎるといちご鼻は悪化してしまうため、スクラブ洗顔もおすすめできません。

スクラブ洗顔は、毛穴の黒ずみを改善するためによく使われていますよね。

スクラブ洗顔には、小さな粒子が含まれているので、一般的な洗顔料よりも角質、皮脂、角栓、黒ずみなどを取り除きやすくなっています。

 

そのため、いちご鼻を一時的に治すことはできるのですが、スクラブが肌に刺激を与えて肌のバリア機能にダメージを与えることもあるので、肌が敏感な人、肌が乾燥している人、インナードライ肌の人は、スクラブ洗顔を使用しないほうが良いでしょう。

 

いちご鼻は、肌の乾燥が原因でできることもあるので、スクラブ洗顔を使って一時的ないちご鼻の改善はできても、いちご鼻を根本から治すことはできないということです。

スクラブ洗顔を応急手当として使用する場合は、1週間に1度の使用にしてくださいね。

 

ちなみに、天然成分からできた米ぬかや海藻などのスクラブやマイクロプラスチックビーズと言うプラスチックのスクラブがあるのですが、プラスチックのものはアメリカ連邦法で「5mm以下の固形プラスチック粒子で、角質除去あるいは洗浄目的で使用されるもの」と規定されています。

 

プラスチックのスクラブは環境問題になるだけでなく、肌を擦って刺激を与えてしまうので、使用しないほうが良いですね。

無理やり毛穴の角栓を取り除かない

黒いブツブツのあるいちご鼻ができてしまうと、毛穴の角栓をムリに取り除こうとしてしまいがちです。

でも、ムリやり押し出そうとしてしまうのは、いちご鼻を治すことにはなりません。

 

毛穴の角栓を、ピンセットやコメドプッシャーなどで取り除く場合は、かなりの技術が必要なのでおすすめできません。

中には、毛穴の角栓を爪で押し出そうとする人もいますよね。

でも、毛穴の奥にある血管にダメージを与えたり、毛細血管を出血させて血の塊などがブツブツに見えたりすることがあるので、止めるようにしましょう。

 

また、角栓を押し出すことができたとしても、肌に悪影響を与えてしまうためいちご鼻が悪化することもあります。

なので、ムリに毛穴の角栓を除去することは、いちご鼻を治すことにはならないのです。

 

綿棒で毛穴に詰まった角栓を取り除く方法を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

ピンセットよりも肌に優しい綿棒を使って、ホホバオイル、オリーブオイル、アルガンオイルなどを綿棒に含ませて、鼻の上を滑らせて優しく角栓を取り除くという方法です。

ピンセットよりも肌へのダメージが少ないし、角栓を取り除くことができるので、なかなか良い方法に思えますよね。

 

でも、実際には、根本からいちご鼻を治すためにはおすすめではできないのです。

この方法で角栓を除去したあとは、しっかりと肌を保湿をする必要があるし、やり過ぎると過剰に皮脂が分泌してしまうからです。

どうしても綿棒を使ったケアをしたい場合は、1週間に1度の頻度にしてくださいね。

肌へのダメージを極力避ける

いちご鼻を改善するためにしてはいけないことをご紹介してきましたが、まだ他にもしてはいけないことがあるので、どのようなことなのか見ていきましょう。

 

まず、強い洗浄力があるニキビ肌やオイリー肌用の石鹸などは、使わないようにしてください。

また、ふき取りタイプのクレンジングや化粧水も、肌に刺激を与えてしまうのでNGになります。

それから、技術や知識があまりないのに顔を自分でマッサージしている人は、マッサージをやめるようにしてくださいね。

 

いちご鼻のケアをするときに、つい毛穴に詰まった角栓や皮脂を除去することに重点を置いてしまいがちです。

でも、いちご鼻を悪化させてしまうことが多いので、誤った方法を行っていないかケアの方法を見直してみてくださいね。

 

メラニンもいちご鼻ができる大きな原因

いちご鼻ができてしまう原因は色々とあることがわかりましたが、他にもいちご鼻ができてしまう大きな原因があります。

そこでここでは、その原因について詳しくみていきましょう。

メラニンができる理由

まるで鼻がいちごのように見えるいちご鼻は、毛穴の黒ずみによってできてしまいます。

毛穴の黒ずみは、古い角栓、肌の汚れ、不要な皮脂などが毛穴に詰まったものになります。

 

肌の汚れとはどのようなものかというと、洗顔料のすすぎ残し、汗、垢、クレンジングできちんと落ちなかったメイク、す顔に残ったシャンプー、などになります。

洗顔をしっかりとすることは、いちご鼻を治すだけでなくエイジングケアにも効果的なので、肌の汚れはきちんと落とすように心がけてくださいね。

 

実は、毛穴が黒ずむ原因は、他にもあります。

それは、紫外線から肌を保護するためにできるメラニンです。

メラニンは、シミの原因としてもよく知られていますよね。

 

紫外線には有害物質が含まれているので、紫外線から肌を守ろうとするためにメラニンはできてしまいます。

紫外線対策をしっかりと行わなければ、酸化してしまった角栓から肌を守るために、たくさんのメラニンが毛穴の周辺にできてしまい黒ずみがもっとひどくなってしまうでしょう。

 

肌の摩擦、加齢、ストレス、ホルモンバランスの崩れなども、メラニンが増加する原因になります。

また、ターンオーバーが滞ってしまうと、メラニンがスムーズに排出できなくなってしまい、毛穴の黒ずみになることもあります。

 

紫外線以外の原因でメラニンができてしまうときは、日焼け止めなどを使用して紫外線対策をしても、メラニンから肌を守ることはできなくなってしまいます。

メラニンができないようにする方法

メラニンが原因でできてしまういちご鼻は、基本的には紫外線から肌を守ることが予防方法になります。

紫外線以外の原因でできてしまうメラニンは、紫外線対策では予防できないと言いましたが、やはり紫外線から肌を守ることは重要です。

 

紫外線から肌を守れば、肌が老化することを防ぐことができるし、肌が乾燥することも防ぐことができるので、いちご鼻ができてしまう要素を減らすことができますね。

 

肌が何年間も紫外線を浴びてきた人は、カラダの内側から働きかけて、いちご鼻を予防したり治したりしていくことがポイントになります。

メラニンができないようにするためには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをしっかりと摂取したり、良質な睡眠を取ったり、適度なエクササイズなどでストレスを発散したりすると良いでしょう。

 

洗顔を正しく行っていちご鼻を改善

いちご鼻を治すためには、いちご鼻ができてしまう原因を考えながらケアをしていくことが大切です。

いちご鼻をケアするうえでまずしなければならないことは、正しい洗顔になります。

 

そこでここでは、いちご鼻を防ぐための正しい洗顔方法についてみていきましょう。

毎日正しい洗顔を行えば、根本からいちご鼻が改善されていくはずです。

蒸しタオルで毛穴を開く

顔を洗う前に、まずは蒸しタオルで毛穴を開いて、角栓や汚れが除去されやすくしていきます。

洗顔をするときに毛穴が開いていると、優しく洗顔するだけで角栓を取り除くことができるでしょう。

 

では、蒸しタオルを利用した毛穴の開き方をご紹介していきますね。

  1. 水で濡らしたタオルを、ラップに包んでください。
  2. ①を30秒くらい電子レンジで温めましょう。
  3. 電子レンジからタオルを取り出して、肌に刺激を与えない温度まで冷ましてください。
  4. 鼻の上に、蒸しタオルを5分くらい乗せましょう。

良質な泡でいちご鼻を改善

いちご鼻を治すために洗顔をするときは、キメの細かいたっぷりの泡で洗うことがポイントになります。

質の良い泡で顔を洗うようにすれば、肌への刺激が最小限になるのにしっかりと汚れを落とすことができるでしょう。

 

質の良い泡は、指では届くことが不可能な肌の凹凸や毛穴の黒ずみまでキレイにしてくれるので、皮脂や角栓も除去することができます。

いちご鼻を改善するために洗顔をするときにおすすめなのが、石けんになります。

 

適切な洗浄力があって洗顔後に肌に成分が残らないので、石けんで洗顔をしても問題がない場合は、ぜひいちご鼻を改善するために石けんを使ってみてくださいね。

石けんで洗顔をすると刺激を感じてしまう人は、弱酸性やアミノ酸系の洗顔料を使うと良いでしょう。

 

正しい洗顔だけでなく洗顔料選びもポイント

肌にある不要な皮脂、古い角層、汗、ホコリなどをキレイにするために、洗顔を行います。

また、メイクのクレンジングの洗い残しをキレイにするためにも、洗顔は活躍していますね。

 

ただ、すすぎ残しがないようにきちんと洗顔料を洗い流さなければ、ニキビの原因になることもあります。

特に、髪の生え際のすすぎ残しには気をつけてくださいね。

 

洗顔料には主に、石けん、フォーム状、リキッド状、粉末状があるのですが、リキッドと粉末は強い洗浄力があるものが多く、また肌にダメージを与えやすい合成界面活性剤が配合されていることもよくあるので、肌の乾燥を防ぐためにも使用を控えるほうが良いでしょう。

 

いちご鼻の予防や改善には、肌に優しい石けんかフォーム状の洗顔料が適しているので、ぜひこれらの洗顔料でいちご鼻をケアしてみてくださいね。

 

まとめ

いちご鼻ができる原因やいちご鼻の予防・改善方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

いちご鼻を予防・改善するためには、正しい洗顔をするとともに洗顔料選びも大切だということがわかりましたね。

また、目に見える症状だけをケアするのではなく、毎日の生習習慣を見直したり紫外線から肌を守ることも大切です。

 

いちご鼻は、適切なケアをすれば治る可能性は高いので、諦めることなく美肌を目指していきましょう!

-毛穴のお悩み

Copyright© 【詐欺!】どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.