どろあわわは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

【詐欺!】どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

肌のお悩み

インナードライを改善するには?生活環境の改善が思っているよりも大事!

投稿日:

インナードライ肌って聞いたことありますか?

美容雑誌などで見かけるようになりましたが、比較的新しい言葉ですよね。

乾燥肌とは違うの?インナーがドライってどういうこと?

今回はそんなインナードライ肌を紹介します。

 

インナードライ肌ってどんな状態?

その名の通り、内側 (インナー) が乾燥 (ドライ) している状態の肌のことを、インナードライ肌と言います。

それって乾燥肌じゃないの?って思いますよね。

実はインナードライ肌は、肌の表面は皮脂が多くて一見すると全然乾燥してないんです。

むしろ脂性肌と勘違いしてしまうところが、インナードライ肌のややこしいところなんですね。

 

なぜこのような状態になるかというと、本当は肌の水分量が少ないので、脂を分泌することで、これ以上水分が蒸発しないように肌が頑張っているからなんです。

 

インナードライ肌の人は、ターンオーバーが乱れているので、しみやニキビができやすい、肌がごわついてメイクののりが悪い、毛穴が黒ずんだり開いたりしている、という症状が出たりします。

でもこれって脂性肌の人にも当てはまる症状ですよね?

 

もし、皮脂が多いと感じているのに、洗顔後は肌のつっぱりを感じる

洗顔後、肌のつっぱりを感じるのに、その後しばらくすると、おでこや頬がどんどん脂ぎってくる、という症状に身に覚えがあるとしたら、それはインナードライ肌の可能性が高いですよ。

 

インナードライ肌と混合肌は別物です

テカっているようで乾燥しているということで、インナードライ肌と勘違いされやすい肌質に、混合肌というものがあります。

混合肌とはどういったものかというと、顔の箇所によって脂性肌の部分と乾燥肌の部分が共存している状態の肌のことです。

特に多いのが、Tゾーンは脂性肌でUゾーンは乾燥肌というパターンです。

なので、夕方になると化粧崩れしやすい場所とそうでない場所が明らかに違ったりすることがあります。

 

一方でインナードライ肌というのは、先ほども説明したように、基本は乾燥肌なんだけど、水分の蒸発を防ぐために肌表面を皮脂で覆ってしまっているという状態なので、箇所によって違いがあるわけではなく、顔の表側は全体的に脂っぽいんです。

他の見分け方としては、

  • 混合肌の人はTゾーンにニキビが出来やすいのに対して、インナードライ肌の人は顔全体に出来る
  • 混合肌の人は頬など乾燥しやすい場所があるのに対して、インナードライ肌の人は顔全体がべたつく

という違いがあります。

このように、混合肌とインナードライ肌は、似ているようで本当は全然違う肌質なんですね。

 

自分の肌質をちゃんと見極めましょう

インナードライ肌の人は、自分の肌質を混合肌や脂性肌と間違えやすいので注意が必要です。

もし自分で判断がつかない時は、専門店やデパートなどの化粧品コーナーでも、脂分量や水分量のチェックをしてもらうことが出来ますよ。

ただ、お化粧をしている時や長時間乾燥気味な場所にいるだけで、結構水分量は減っちゃったりするということは知っておいてください。

 

一番自分の肌質が分かりやすいのは、実は洗顔後なんです。

その方法はちょっと勇気が必要ですが、洗顔後何もせずに20分ほど放置してみてください。

もし、自分がインナードライ肌であれば、洗顔後つっぱり感を感じた後にだんだん顔全体に皮脂が浮いてきます。

混合肌であれば、洗顔後から頬のあたりはすごく乾燥するのにおでこはテカる・・というように、場所によって違いがすぐに出ます。

また、脂性肌だった場合は短時間で皮脂が浮いてくるでしょう。

 

このように、洗顔後の脂の浮いてきかたに、違いが出やすいんです。

肌質によってスキンケアの仕方も違ってくるため、自分の肌質をちゃんとわかってるということは、大切なことなんですよ。

 

ところでインナードライ肌になる原因は何なの?

インナードライ肌の特徴は分かってもらえたと思いますが、じゃあ、どうしてインナードライ肌になってしまうのか。

その原因を見ていきましょう。

肌の乾燥!

インナードライ肌になる根本は、肌の乾燥です。

この肌が乾燥してしまう原因というのは色々と考えられますが、例えば、食生活の乱れであったり、加齢やライフスタイル、間違ったクレンジングや洗顔方法というものです。

 

もちろん初めの段階で、肌が乾燥しないのが一番いいのです。

でも、肌の乾燥というのは色々な要因が合わさって起こるので、気が付けば乾燥しているということが多いかもしれませんね。

そんな時は、この ”肌の乾燥を感じた時点” で正しいケアをするということが、インナードライ肌にまで発展させないポイントになります。

 

では、肌の乾燥を正しくケア出来ていないと、どういうプロセスでインナードライ肌は進んでいってしまうのでしょうか?

 

何かの原因によって肌が乾燥する ⇒ きちんと保湿しないと乾燥が進む ⇒ バリア機能が低下して乾燥が進む

⇒肌がこれ以上の乾燥を避けるために過剰に皮脂を分泌する

 

このプロセスのなるべく早い段階で進行を止めることが、インナードライ肌にならないために大切なことです。

肌を乾燥させる生活習慣とは?

先ほど、一番初めの段階で肌を乾燥させないことが大事だという話をしましたが、その、そもそも肌を乾燥させてしまう私たちの生活習慣とはどういったものなんでしょうか?

 

それは例えば、

良くない生活習慣

  • タバコを吸う、お酒をたくさん飲む
  • 睡眠不足である
  • 食事内容が偏っている
  • ストレスがたまっている
  • 紫外線を浴びることが多い
  • エアコンの効いた部屋にいることが多い
  • 一年中効果の高い日焼け止めを使っている

ということなんですが、当てはまることがどれくらいありましたか?

 

タバコやお酒なんて乾燥肌にどう影響するんだろうと思いますが、タバコは血行を悪くします。

そして、アルコールの分解にはビタミンやミネラルがたくさん使われてしまうし、お酒による利尿作用なんかも乾燥肌と関係しているんです。

ストレスは自律神経のバランスを乱して代謝を低下させてしまうし、睡眠不足によってターンオーバーが乱れます。

 

肌の乾燥とは関係ないと思われがちなことの中にも、実は乾燥を招いている悪い習慣があるんですね。

インナードライ肌の放置は肌を老化させる!

インナードライ肌の適切なケアが出来ずに放置してしまうと、肌の老化はどんどん進んでしまいます。

ターンオーバーが乱れることで、角質がたまった肌の表面はごわつき、水分は逃げていくのに外から潤いは取り込みにくくなります。

そんな状態で、しわやたるみ、シミが出来やすいうえに、さらに肌表面の皮脂が酸化することで老化に追い打ちをかけるのです。

 

もともと健康な肌の人でも、年と共に水分は失われていくものです。

肌の老化を少しでも食い止めるには、何よりも保湿が重要になってくるので、化粧品選びの際は、保湿力の高い物を選ぶようにしましょう。

 

インナードライ肌の人はこれをしてはいけない!

インナードライ肌の人は、自分が脂性肌だと勘違いしている場合があります。

本当は乾燥肌なのに、保湿ではなく皮脂をとるようなスキンケアをしていては、乾燥はどんどん進んでいってしまいます。

または、インナードライ肌だと気が付いてはいるんだけど、やっぱり皮脂が気になるからととってしまう・・。

これでは、肌がどんどん乾燥し老化していってしまいますよね。

 

そうならないためにも、ここでは具体的にインナードライ肌の人がやってはいけないことを紹介します。

シートタイプやオイルタイプのクレンジング剤はNG

クレンジング剤に入っている界面活性剤は、メイクを落とすためには必要なものではあるのですが、肌への負担が大きいのです。

特にオイルタイプやリキッドタイプのクレンジング剤には界面活性剤が多く含まれています。

また、肌をこすることでメイクを落とすシートタイプのものも摩擦が大きいのでよくないですね。

 

逆に肌への負担が少ないのは、クリームや乳化ジェルタイプのクレンジング剤です。

ただ、濃いメイクをしているのに優しめのクレンジング剤を使って、メイクがしっかりと落ちないのでは元も子もありませんよね。

リキッドやクリームファンデーションはパウダーファンデーションに比べて、洗浄力の強いクレンジング剤が必要になるので、肌への負担を減らしたいのであれば、メイクから考え直してみましょう。

洗顔をしすぎないで

インナードライ肌は、内部は乾燥はしてるものの、表面は皮脂の多い状態です。

だからといって、べたつく顔をどうにかしたいとちょっと強めの洗顔料を使ったり、昼にも一度顔を洗ってみようなんてことをしては絶対にいけません。

そうやって皮脂をとりすぎてしまうことで、また肌は、乾燥を防がなければ!と皮脂を過剰に分泌してしまうんです。

 

では、べたべたの顔のままでいればいいのかというと、それはそれでダメなんですね・・。

皮脂が汚れなんかと混ざりあうと、酸化して ”過酸化脂質” と呼ばれる、肌の老化を促すものに変わってしまうからです。

 

洗顔は一日に必ず、朝と夜の2回だけ、そして肌に刺激の強い洗顔料は使わない。

すすぎの時、温度の高すぎるお湯は使わない (適温は32~35℃)。

このことを徹底してください。

そして、洗顔の時はごしごしこするのではなく、なるべく肌に負担のかからないように優しい泡で汚れを落とすのがベストです。

油取り紙は使わない方がいい

べたつく皮脂をどうにかしたい時、油取り紙でちょっとこすればさっぱりしますが、これはインナードライ肌の人にはおすすめしません。

こすることで、敏感になっている肌を痛める上に、水分の蒸発を促してしまいます。

 

どうしてもテカリが気になるときには、一度メイクの上からミストタイプの化粧水を吹きかけて、こすらないように気を付けながら軽くティッシュオフしてください。

すると、皮脂をとりすぎることなくべたつきを抑えることが出来ます。

化粧水だけのスキンケアではダメ

インナードライ肌の人は、洗顔後しばらくしてくると皮脂が浮いてくると思います。

「化粧水だけつけておけば後はペタッとしてくるからこれで大丈夫だろ・・」

「色々なものを重ねてつけると余計にべたつくし化粧水だけにしておこう」

と、思ってしまう人もいるかもしれませんがこれはインナードライを進行させてしまう危険な行為です。

 

化粧水をつけた後しばらくは潤っている気がしますが、ここできちんと保湿しないと、どんどん水分は蒸発していってしまうんです。

化粧水の成分の7割以上は水分です。

化粧水の力を過信せず、その後の保湿までしっかりと行ってください。

インナードライ肌の人は、特に保湿力の高いクリームや美容液を選んだ方がいいでしょう。

油溶性のうるおい成分は使い過ぎに注意

乾燥肌の人は、肌の水分が蒸発しないように美容オイルやワセリン、馬油などの油溶性成分を補うことは効果的なことだと言えます。

ただ、インナードライ肌の人は皮脂が多い状態でもあるので、これらを使いすぎるとニキビが出来てしまったり、肌が荒れることもあるので、使い過ぎには注意が必要です。

エアコンの使い過ぎにも注意が必要です

エアコンの効いた部屋にずっといると、のどが痛くなったりしますよね?

あれって部屋が乾燥するからですね。

それは冬に限ったことではなくて夏でもそうです。

だから真夏の暑い日にも扇風機で乗り切りましょう!なんて無理なことはいいません。

 

ただ、加湿器を一緒に使ったり、部屋に濡れたタオルを干したりする工夫も忘れないでください。

さらに、メイクの上から乳液をつけるというのも乾燥対策にオススメです。

あとは、外側からのケアだけじゃなくて、水分補給もしっかりと行うことを忘れないでくださいね。

 

インナードライ肌の人がすべきこと

インナードライ肌の人がしなくてはいけないことは、乾燥を防ぐこととしっかりと保湿することです。

そのために出来ることとは一体何でしょう。

紫外線をブロック

肌にダメージを与える紫外線をブロックすることはスキンケアの基本です。

しかし、真夏の太陽がギラギラしている間は完璧に紫外線対策をしている人でも、夏が過ぎると、安心して防御態勢を簡単に解除してしまうんです。

しかし紫外線は一年中降り注いでいることを思い出してください。

紫外線は乾燥を促進しますよ。

 

冬でも日差しが強い日や長時間外にいるときなどは日焼け止めを使う方がいいでしょう。

もし、たくさん紫外線を浴びてしまった時には、ビタミンA、C、Eが含まれた保湿クリームを使うと肌の回復を早めてくれます。

クレンジングと洗顔は、選び方とやり方が大事

クレンジングや洗顔は肌に負担をかけますが、だからといってノーメイクで生活することは出来ないし、クレンジングしないわけにはいきませんよね。

そして、洗顔しないと顔の汚れは落とせません。

なので、クレンジング剤や洗顔料は選び方も大切なんですよ。

 

クレンジング剤を選ぶときのポイントは先ほど話しましたが、洗顔料も出来るだけ刺激が少ない物、保湿成分が入っているものを選ぶといいでしょう。

洗顔は石鹸派というかたもいると思いますが、100円や200円の安いものは脱脂力が強いものが多いので、インナードライ肌の人が石鹸で洗顔をするのであれば、良質なものを選びましょう。

 

そしてクレンジングは、界面活性剤が肌についている時間を短くするためになるべく短い時間で、かつしっかり丁寧に行うことが重要です。

次に洗顔の仕方ですが、冷たすぎず温かすぎない32~35℃の温度で、とにかく優しく洗うことがポイントです。

直接顔をゴシゴシするのではなく、よく泡立てたふわふわの泡で優しく洗い上げましょう。

 

もちろん、その後タオルでゴシゴシ拭かないことも基本です。

優しくタオルでぽんぽんと水分を吸い取るのがいいですね。

保湿は十分に

洗顔後の保湿はしっかりと行いましょう!

保湿の基本は、化粧水で肌に水分をたっぷりと与えて、乳液で潤いをキャッチ、その後はクリームなどで水分が蒸発しないようにフタするという感じです。

 

間に美容液が入ったり、最後にオイルを使用するという場合もありますが、とにかく水分を浸透させて、その水分を逃さないようにすることが大事なので、先ほども言ったように、化粧水だけで終わったりしないでくださいね。

化粧品選びの際は、いずれも保湿力の高い物を選ぶようにしましょう。

洗顔後は1秒も無駄にしない!

洗顔や入浴をすると、肌から水分が蒸発するのを防ぐフタの役割をしている皮脂膜や、クリームなどを塗った時の油膜がなくなってしまいます。

フタが取れてしまった状態の肌からは、水分がどんどん抜けていってしまいますよね。

少しでも水分の蒸発を防ぐためには、ここは時間との勝負です。

 

洗顔や入浴後は、間髪入れずにまず化粧水で水分を与えてください。

その後も美容液!乳液!クリーム!と一気に仕上げてしまいましょう。

出来れば化粧水からクリームまでを3分以内に!

乾燥肌の人は、洗顔や入浴後は1秒だって無駄にしてはいけないのです。

 

まとめ

顔のテカリが、内側の乾燥を訴えるサインということもあるんですね。

表面の皮脂の多さに騙されて、脂性肌の人と同じスキンケアをしていたら、乾燥がさらに進んでしまうというインナードライ肌。

まずは、自分の肌質をよく理解することが大事ですね。

その上できちんとした対策をとりましょう!

 

肌がとても敏感になっているインナードライ肌の人は、洗顔も、汚れはきちんと取ってくれるけど肌に優しいものを選ばないといけません。

洗顔料の「どろあわわ」なら、もっちりふわふわの優しい泡で、顔を包み込んで優しく洗い上げることが出来ますよ。

肌を痛めたくないインナードライ肌の人にはおすすめの洗顔料です!

-肌のお悩み

Copyright© 【詐欺!】どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.