どろあわわは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

クレンジングおすすめ.com-どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!-

肌のお悩み

肌のゴワつきザラつきの原因と上手な洗顔のやり方!

更新日:

「しっかりお手入れしているのに、なんだか肌がごわごわする…」そんな悩みをお持ちの人もいらっしゃるのではないでしょうか?

肌がごわついたり、ざらざらしたりすると化粧をしていてもなんだか納得の仕上がりにならなかったり…朝からこんな状態では、その日一日ブルーな気分になってしまいます…。

 

そこで今回は、肌のごわつき・ざらつきの原因と、その対処法についてご紹介をしていきたいと思います!

 

肌のごわつき、どうして起きるの?

そもそも、肌のごわつきとはどんな時に発生してしまうのでしょう?

その原因が判明しなければ、対処の仕様も無いというものです。

もちろん、人によって原因自体は異なりますが、その中でも、よく原因と言われやすいのが以下の3つになります。

  • 皮膚の角化異常
  • 肌のバリア機能の低下
  • スキンケアの不足

では、それぞれがどういった状態なのかご紹介していきたいと思います。

皮膚の角化異常が原因のケース

みなさんは角化異常という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

どちらかと言うと、あまり馴染のない言葉だと思います。

一つずつ説明をしていきましょう。

 

まず、角化とはどういった状態なのでしょうか。

これに大きく関わってくるのが肌のターンオーバーです。

ターンオーバーとは新しい肌細胞が出来て、古い肌細胞が角質などに変わっていく周期のことです。

そして、古い肌細胞が角質(角片)に変わっていく過程のことを角化というのです!

 

大抵の場合は、大体4週間前後でこの肌細胞の角化が起きるのですが、この周期が乱れてしまった状態を角化異常と言うのです。

もちろん、この周期(ターンオーバー)が早くなっても遅くなっても角化異常となり、肌のごわつきを引き起こしてしまうのです。

では、早まった場合と遅くなる場合とでどういった違いが出てくるのでしょう?

ターンオーバーが早くなるとどうなるの?

そもそも、ターンオーバーが早まっているというのは、皮膚の表面が何かしらのダメージを受けてしまって、角質層が薄くなってしまった時に引き起こされます。

そうすると、本来は時間をかけて作られるはずだった肌細胞が、未熟な状態のままでどんどん皮膚の表面に押し出されてしまうのです。

 

ただ、出来たてほやほやの細胞ですので、本来肌の表面にある角質が果たしてくれる働きがそのまま出来るかと言うと、答えはノーとなってしまいます。

本来の角質層の細胞よりも、保湿力・保護膜作成の面でとても劣ってしまうのです。

そうすると、肌の潤いが保てないので、結果的に保湿力も低ければ、外からの刺激にも弱い、乾燥していてごわごわの肌になってしまうのです!

ターンオーバーが遅くなるとどうなるの?

ターンオーバーが遅くなる…これはイコールで角質がずっと肌の表面に残っているという状態です。

そうすると、どんどん肌が厚くなっていってしまうので、結果的に肌のごわつきに繋がってしまうのです。

では、どうしてターンオーバーが遅くなってしまうのでしょうか?

 

考えられる理由は人それぞれ、多々あります。

しかし、よく言われるのが、外的刺激(紫外線をあびるなど)、ストレス、併せて加齢などがよく挙げられる原因です。

 

中でも、加齢によるターンオーバーの遅れは誰にでも起こる原因でもあり、かつ非常に周期が長くなってしまうので注意が必要です。

先程も書きましたが、肌が正常な状態であれば基本的には約4週間程度で古い角質と入れ替わるのですが、50代になるとターンオーバーをするのに75日近く罹ってしまうのです!

 

そうすることで、皮膚(角質)が厚くなるだけでなく、肌がくすんで見えたり、肌のキメも荒くなってしまうのです。

これが続いていけば、結果的に肌のごわつきになってしまうのです。

肌のバリア機能の低下が原因のケース

肌のバリア機能が失われたり、弱くなってしまった時も肌にごわつきが出てしまう可能性があります。

では肌のバリア機能とはいったいどういったものなのでしょうか?

 

これは外部からの刺激(乾燥・紫外線など)から、肌を守る機能のことをバリア機能と言います。

この機能があるのは、肌の表面の角質層が潤いを蓄えているおかげ。

ですので、肌の角質層が少なくなるとバリア機能も失われてしまうのです。

 

角質層が減り、バリア機能が低下してくると、身体は角質を作り出そうとします。

そうなると、ターンオーバーが早まった時と同様に、未熟な角質が肌の表面に来てしまい、余計に保湿力が減って肌のごわつきを感じるようになってしまうのです。

 

併せて、肌の角質層が失われてしまう原因もご紹介をしておきます。

多くの場合が、乾燥肌や敏感肌、紫外線の刺激といった肌トラブルが原因です。

ですが、それ以外にも過度なピーリングケアや、強力な洗顔料での過度な洗顔が原因になるケースもあります。

スキンケアの不足が原因のケース

「洗顔料が強すぎるせいで肌がごわごわするなら、弱い洗顔料に変えればいいんじゃないの?」確かに、肌のバリア機能が失われたことが原因での肌のごわつきならそれも解決法の一つです!

しかし、洗顔が不十分な場合でも肌のごわつきが出てしまうことがあるので注意が必要です。

 

洗浄力の低い洗顔料を使ったり、洗顔料を使わずに洗顔をしてくと、古い角質や汚れが落とせず肌に溜まってしまいますよね?

そういった汚れも、肌をごわつかせる原因の一つです。

スキンケアが不足していて肌のごわつきが出てしまう場合は、逆に少し強めの洗浄力のある洗顔料を使ったり、ピーリングケアをしてみるのも良いでしょう。

 

ご紹介したように、肌のごわつきの原因は様々ですので、対処法もそれぞれに異なってきます。

例えば、バリア機能が失われているためにごわつきが起きているにも関わらず、さらにピーリングなどの肌ケアを行ってしまうと当然逆効果になってしまいますよね?

ですので、まずは自分の肌のごわつきの原因をしっかりと見極めるようにしましょう!

口周りにニキビが…!何が原因なの?

少し話が逸れますが、みなさんは口の周りにニキビが出来てしまい悩んだ経験はありませんか?

実はこの口周りに出来るニキビの原因も、肌のごわつきの原因と同じ場合があるのです!

一体どういうことなのでしょうか?

 

そもそも、ニキビの原因の多くは体内環境の悪化によるものであることは、みなさんもご存知の通りだと思います。

例えば、ビタミンBが不足している、ストレス、胃腸が弱っている、生活習慣・ホルモンバランスの乱れ…といったところでしょうか。

しかし、それだけではなく、身体の外からの刺激によってもニキビが出来てしまうことがあるのです。

 

併せて、口周りは非常に皮膚が薄くて乾燥しやすく、また食べ物や飲み物で汚れやすいという性質も持っています。

そうなってくると、角化異常の影響も他の場所よりも強くなります。

ターンオーバーが正常に働かないとどうなるかは、先程ご紹介した通りです。

そうすると皮脂や角質・アカなどが口周りに溜まりやすく、結果的に口周りのニキビが増えてしまうのです!

 

肌がごわついたり、ニキビが出来たり…ターンオーバーの異常は早く治すに越したことはありませんね。

では、どうすれば治っていくのでしょう?

次は、ターンオーバーが原因による肌のごわつきの治し方についてご紹介をしていきます!

ごわつきの治し方①ターンオーバーが早くなっているケース

ターンオーバーが早まってしまっているというのは、先程ご紹介した通り、必要な角質までが剥がれ落ちてしまっている状態です。

ですので、この場合は刺激を与えないようにすることと、しっかりと保湿をしていくことが重要になります!

スクラブやピーリングなどはもちろんですが、ゴマージュ、熱いシャワーを掛けたり、タオルでごしごしと顔を拭いたりすることも刺激に繋がってしまいます。

 

角質層自体はラップと同じくらいの薄さしかなく、セロテープを何回かつけたり剥がしたりするだけでも、全て剥がれ落ちてしまうのです。

ターンオーバーの早まりは、ただでさえ脆い角質層が、さらに脆くなってしまっている状態なので絶対に刺激を与えないようにしていきましょう。

 

また、角質がなくなっている状態ですから、肌の保湿力も著しく低下している状態になります。

なので、優しく洗顔をしてもそのあとの保湿ケアをしっかりとしないと、肌のつやも出ませんし、ごわつき自体も治せません。

ですので、乾燥肌用の保湿力の高い化粧水などを使ってケアをしていくことがおススメです。

 

しかし、角質層が少なくなりすぎると、化粧水をつかってもヒリヒリと肌にしみてしまうことがあるのです。

そういった場合は、乾燥肌用の物ではなく、敏感肌用の保湿力が高めの化粧水などを選んで使ってみるようにして下さいね!

ごわつきの治し方②ターンオーバーが遅くなっているケース

先程とは逆に、ターンオーバーが遅くなってしまっていても肌のごわつきが起こることはご紹介してきた通りです。

 

このケースは、本来剥がれ落ちなければいけない角質がまだ肌に残ってしまっている状態です。

角質も古くなると保湿力はありませんし、層が厚くなってしまっていけばどんどんごわつきは増していきます。

ですので、角質をしっかりと落としていくようなケアが必要になってくるのです。

 

代表的な方法はやはりピーリング

洗顔タイプのものを使えば、そこまで肌に負担にならずに済むとも思います。

 

「でも、ピーリングってやり過ぎると逆効果って聞いたけど…」そんな人もいらっしゃると思います。

確かに、無理やり角質を落とすわけですから、遣り過ぎは禁物です。

多くても週に1回から2回程度のスペシャルケアとして行うのが一般的です。

ですので、それ以外の日は、たとえばクレイタイプの洗顔料などを使って、毛穴に詰まった古い角質を落としておくというのも、一つの手ではありそうですね!

 

肌のザラつき、どうして起こるの?

「肌のごわつきもそうだけど…最近はざらつきの方が気になる…」そんな悩みをお持ちの人もいると思います。

ごわつきと同様に、肌のざらつきが酷くても、粉吹き肌になってしまったり、化粧の載りも悪くなってしまったり…良いことはありませんね。

では、肌のざらつきはどうして起こってしまうのでしょう?

 

実は、肌のざらつきも大本の原因は角化異常にあるのです!

ターンオーバーの異常やその治し方にはついては、今までご紹介してきた通りになります。

ですので、ここからはそれ以外の肌のざらつきの原因を紹介していきたいと思います。

間違ったスキンケアが原因になるケース

「間違ったスキンケアってどういうこと!?」と疑問に思う人もいらっしゃると思います。

しかしスキンケアが間違っていることは、実は結構あることなのです。

 

例えば、しっかりと毎日スキンケアをしているという人でも、そのスキンケア方法を逐一変えるという人は少ないですよね?

でも、想像してみて下さい。

 

例えば、「何となく今日は顔の脂分が多い…けど、いつもやっているから、今日も美容オイルを使おう!」こうなってしまうと、油分が多い所にさらにオイルを塗るわけですから、毛穴はいつも以上に詰まりやすくなってしまいますよね。

肌の状態は毎日違う訳ですから、いつも同じケア方法を行っていると逆効果になってしまう日もあったりするのです。

 

また、メイクがきれいに落とせていない場合も、毛穴の詰まりに直結してしまいますので、肌のざらつきが起きてしまう可能性が高まります。

しっかりと、クレンジングを行ってメイクを落とし切るようにしてみて下さいね。

 

ただし、クレンジングをする時にも注意が必要です!

クレンジングも色々なタイプがありますよね。

しかし、先程同様に顔の油分が多い時にオイルタイプのクレンジングを使ってしまうと、やはり毛穴の詰まりを発症してしまう可能性があるのです。

 

他にも、肌の水分量が足りなかったりしてもざらつきの原因になってしまいますので、出来る限り、その日ごとにケアの方法を変えるようにしていきましょう。

生活習慣の乱れが原因になるケース

肌のざらつきは、生活習慣の乱れから発症してしまうケースもあります。

 

例えば、寝不足

寝不足がたたれば、次の日の朝に何となく顔の油分が多いと感じることがあった人も少なくはないでしょう。

何度も言いますが、脂分が多すぎると毛穴が詰まって角質・角栓もできやすくなってしまうのです。

 

また、ストレスが溜まっていても肌荒れを起こすこともありますし、油っぽい食べ物や甘い物の食べ過ぎも注意が必要です。

肌のザラつき、治すためにはどうすればいいの?

では、そんな肌のざらつきはどうすれば治せるのでしょう?

もちろん、新しい化粧品や美容器を取り入れる、思い切ってエステに行ってみるという様な、新しい何かを取り入れてみるのも一つの方法です!

しかし、それではかかるコストが莫大になってしまいます…。

 

そうした時は、一度原点に戻って、自分の手で出来ることから行っていくのも一つの方法です。

では、どんな方法がいいのか、少しご紹介します。

お風呂で行う洗顔&クレンジング

色々と忙しい女性が増えている最近では、正直、ゆっくりお風呂に使ってからクレンジング・洗顔を行うというのは、時間的に難しくなってきているのも事実ですよね。

 

しかし、お風呂に入ることで、身体の代謝も上がって毛穴も広がりやすくなるので、普通に行うよりクレンジング・洗顔の効果が高まるのです!

 

また、お風呂の蒸気を浴びれば、エステサロンでのスチームと同様の効果も得られます。

そうすれば、毛穴の奥で固まっている皮脂や角栓も取りやすくなるでしょう。

 

併せて、角質や角栓を取り除きやすい洗顔を選んで使っていけばさらに効果があがりそうですね!

ぜひ、ゆっくりとお風呂で暖まりながらの洗顔・クレンジングを試してみて下さいね!

お風呂上りはパックでケアをしよう!

お風呂でしっかりと毛穴の汚れを落とした後も、忘れずに肌のケアをすることが重要です。

毛穴の中の汚れをしっかり落としたにもかかわらず、その毛穴が開いたままでは元も子もありません。

 

そこでお勧めしたいのは、お風呂上りのコットンパックです!

しかも、ただ化粧水にコットンを浸すだけでなく、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

お風呂上りに、冷たいパックはとっても気持ちがいいですよ!

 

それに、ただ気持ちがいいだけでなく、毛穴の引き締めもしっかりと行ってくれるのが嬉しい所です。

みなさんも、ぜひトライしてみて下さいね。

 

肌のごわつき、ザラつき、改善するのにぴったりの洗顔方法は?

ここまで、肌のごわつきやザラツキの原因と、対処法をご紹介してきました。

いずれにしても、肌の毛穴に詰まった汚れや角質、ターンオーバー異常による肌トラブルが原因だと納得頂けたと思います。

 

そして、先程からご紹介をしてきましたが、これらを解決するために注意をしないといけないことは、やはり洗顔です。

そこで最後にもう一度、効果的な洗顔方法をまとめてご紹介しておきたいと思います!

古い角質を落としたい時の洗顔方法は?

古い角質・角栓、こういったものが肌にこびりついたままでは肌の状態を正常に戻すことは出来ません。

それをしっかりと落とすには、やはりピーリングを行ってケアをするのが一番早いでしょう!

最近は、家庭でも簡単にピーリングケアが行えるアイテムもそろっています。

 

ただ、先程も紹介したように、ピーリングは週に一度行うくらいが丁度良いのです。

ピーリングケアを行った後は、効果の強い洗顔を使うのは避けた方がいいでしょう。

場合によっては、水やぬるま湯だけで洗顔をするのもオススメです。

 

しかし、それでも毛穴の角質が取り切れていないと感じる時は、クレイ系の洗顔など、肌を傷めずに毛穴からの角質を取り除くアイテムを使ってみるのもいいと思います。

肌の保湿機能を守りたい時の洗顔方法は?

肌のターンオーバーが早まっていたり、肌のバリア機能が落ちている時は、ピーリングなどの刺激が強い洗顔方法は逆効果だとは何度もお伝えしてきました。

肌の状態がそういった場合の時は、水分だけではなく脂分もしっかりと補いながら、保湿ケアが出来るような洗顔料を選ぶようにしましょう!

 

ただし、油分が多い洗顔料などを使いすぎると、逆にニキビなどが出来てしまったりする可能性もあるので、こちらも使い過ぎには注意です。

しっかりと肌の状態を見極めながら、適切なケア商品を選んでいきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

肌の状況は、その日その日に変わってきますし、トラブルが起こる原因もそれぞれで違います。

しっかりとトラブルを改善していくために、自分に合ったケア方法を早く見つけて実践していくようにしましょう!

 

 

レビュー
マナラホットクレンジングゲルを使ってレビューしてみた!【口コミ体験談】

マナラホットクレンジングゲルを購入してみた!どのくらいで届くの? マナラホットクレンジングゲルの動画レビュー! ※マナラ ...

続きを見る

 

レビュー
どろあわわが効果ない?実際に使ってレビューしてみた!口コミ体験談!

  「どろあわわに興味があるけど、本当に毛穴がキレイになるのか疑ってしまう」   という人もいますよ ...

続きを見る

 

ランキング
最強のおすすめクレンジング人気ランキングを大公開!(ニキビ肌、乾燥肌、マツエク)

ニキビ肌にもおすすめのクレンジングとは?! 私は中学生の頃から、繰り返しできるニキビに悩まされてきました。 アクネ菌増殖 ...

続きを見る

-肌のお悩み

Copyright© クレンジングおすすめ.com-どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.