どろあわわは効果がないの?実際に使った本音の評価&口コミレビューを大公開!

クレンジングおすすめ.com-どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!-

くすみのお悩み

くすみの原因は「糖化」にあった!スキンケアを守った上で「糖化改善」を行おう!

更新日:

肌のくすみは洗ってとれるものではないし、春先や夏の明るい色の洋服を着る季節になると、一層くすみが目立って悩ましいですね。

そして、くすみの原因とは何かを知っている人も案外少なくて、年齢と共に忍び寄ってくるものとして、半分諦めている方も多いのではないでしょうか?

 

なぜわたしたちのお肌は年々くすんでくるのでしょう?

本当のくすみの原因と解決法に迫ってみたいと思います!

 

「糖化」という言葉を知っていますか?

くすみの本当の原因は「肌の糖化」にあります。

糖化なんてはじめて聞いたわ!という方も多いと思いますが、糖化とは、砂糖とタンパク質が合わさることを「糖化」と言います。

砂糖とタンパク質が合わさると、とても焦げやすい性質になります。

 

糖化を分かりやすく説明する時によく「ホットケーキ」に例えられますが、ホットケーキには砂糖入りの小麦粉と、牛乳や卵のタンパク質が混ざります。

それを焼くと茶色く変色していきますね。

体内の糖が高いと人体でも同じことが起こって、茶色く変色してきます。

それが「くすみ」なんです。

コラーゲンはタンパク質ですからね。

 

人は火で焼きませんが、体温と日光がそれに当たるんじゃないでしょうか。

ホットケーキを弱火で焼いても、いつか焦げてくるのは想像できますよね。

あれが人体でも起こっているんです。

 

ということは、若い頃からアクティブに外で活動していた人ほど、年齢を重ねるとくすみやすいということです。

こんなメカニズムだったとは驚きです。

だから簡単には解消できないんですね、くすみって。

 

毎日の積み重ねで進んでいく糖化

体内の糖が高いと糖化が進みやすいと言いましたが、だからといって糖質ゼロにするわけにもいきません。

糖質は大切なエネルギー源ですからね。

糖質を完全にゼロにすると筋力や骨、脳に重大な弊害があります。

 

糖質は1日に170gは食べないといけないのですが、おそらくみなさん摂りすぎています。

白ごはんを毎食1杯、1日に3杯食べれば、食べすぎてもいないのにもうそれで165gに達します。

糖質は玉ねぎやじゃがいもの野菜類にも含まれてますから、意識しなければ確実に摂取オーバーになっているはず。

この毎日の「ちょっと多い糖質」が積み重なってコラーゲンと混じり合い、アラフォーとなる頃にくすみとなって現れるのです。

 

でも同じアラフォーでも、羨ましいくらい透明感のある肌をしてる人もいますよね。

そういう人はやはり、糖質系に気を使った年月が長かったとか、糖質系がそもそも嫌いであまり食べなかったとか、

あるいは、あまりアクティブではなくインドアで過ごすことが多かったなど、そのちょっとした違いが肌に現れているのです。

 

あなたの糖化度をチェック!

以下に当てはまる個数が多いほど、あなたの肌は糖化が進んでいる、または将来的に糖化まっしぐらです。

糖化肌チェック!

  • ご飯、パン、ラーメンなど炭水化物が大好き
  • ご飯でお腹をふくらませるタイプ
  • 野菜はあまり好きではない
  • 甘いお菓子が大好きで毎日のように食べてる
  • お茶や水よりもジュースをよく飲む
  • 確実に運動不足
  • 忙しくてゆっくり寝る時間がない
  • 血糖値が高いと言われたことがある

当てはまるものが多いほど糖を摂りすぎ傾向です!

糖化で一度色付くと、一生に渡って細胞内に茶色の物質が残るのでなかなか厄介です。

これ以上くすみを進行させないためにも、今から直ちに糖質の摂生を行っていきましょう!

 

糖化を防いでくすみをストップするには?

一度糖化したものはもとに戻らない…衝撃的な事実が判明しましたが、ホットケーキを考えてもそうですよね。

一旦焦げたものが元に戻るとは思えません。

まだ40代くらいならくすみもそんなに進行していないと思います!

今のうちにストップの対策をしていきましょう!

血糖値を下げよう!

糖は細胞内にも存在しますが、これは代謝と共にすぐ分解されて糖化には影響しません。

問題は、余分となって体内に浮遊する糖なのです。

余分となっている糖の数値を知るには「血糖値」を測定するのが一番です。

 

健康診断と称して病院で測ってもらいましょう。

「最近くすみがひどくなってきたので血糖値が心配です…」と言えばお医者さんならわかるでしょう。

 

そして、基準値以上であればすぐにコントロールするようにしてください。

血糖値は、先に野菜、タンパク質、糖質の順に食べると、なだらかに上がっていく傾向なのでおすすめです。

 

そして食事は早食いをしないように!

血糖値を急激に上げるとインスリンが大量に分泌して、余分が出てしまいます。

インスリンは成長ホルモンなので、余剰を出すと太ってきます。

そんな事を繰り返すうちインスリンの出方が悪くなり、糖の分解が追いつかなくなって発症するのが糖尿病です。

活性酸素を減らそう!

活性酸素は、肥満、激しい運動、強いストレス、大気汚染やダイオキシンにさらされるなどした時に過剰になりがちです。

活性酸素が体内に多い時、糖とタンパク質がくっつきやすくなります。

糖とタンパク質がくっつくと糖化しやすいので、できるだけ避けていきたいのです。

 

活性酸素を取り除いてくれるのがビタミンCやビタミンEです。

サプリなどを利用したり、化粧品で肌に浸透させたりなどして、いつも活性酸素を減らす意識を持ちましょう。

 

しかし、ビタミンCは活性酸素との戦いが終わると酸化してしまうので、役目の終わったビタミンCを取り除いてくれるビタミンBの存在も欠かせません。

幸い、市販のビタミン剤はとても充実していて安いので、マルチビタミンなどを利用して手間をかけずに活性酸素をやっつけましょう!

抗糖化剤というものがあります!

セイヨウオオバコ種子エキスやデヒドロアスコルビン酸が糖化を予防する成分として注目を浴びています。

これらの成分を入れると、糖の代わりにタンパク質と結合するので糖化が進みにくくなると言われています。

 

完全に糖とタンパク質が結合するのを阻止するものではありませんが、割合が減れば焦げ方も弱くなる、と言った感じです。

糖化のせいでターンオーバーが乱れた肌はシワになりやすく、老化を早めるのですが、これらの成分を外から塗ることでシワが軽減したデータもあるそうです。

 

糖化予防に役立つ食材は?

次は、食べ物の面から糖化を防ぐ方法を見ていきましょう!

体の中のことですからね。

外から何かを塗るより、やはり体の中を変えていくほうが高い予防効果があります。

体の中を変えていくならやっぱり食事は無視できません。

糖質の摂りすぎや高温で調理したものを避ける

糖質と聞くと、甘いお菓子などを思い浮かべる方が本当に多いのですが、ご飯やパン、麺も糖質=炭水化物ですからね。

お菓子ほどの甘さではないですが、噛みしめると甘い味がしてきますよね?

野菜にも甘みを感じるものには糖質が含まれています。

 

とにかく炭水化物を摂りすぎないことです。

小麦粉、米で出来たものは炭水化物です。

アルコールも糖質が高いんですよ。

麦や米、ぶどうなどの果物が原料ですもんね。

 

果物も果糖が多くて糖質は高めです。

お菓子を食べるよりはまだマシですが、果物を食べすぎると糖質は跳ね上がるので注意が必要です。

 

あと、動物性タンパク質のとり方にも注意が必要です。

炭水化物じゃないからいいじゃないか!と思うんですが、調理の仕方によっては糖化が進みやすくなるので注意してください。

あまり高温になる調理方法は糖化を促進しやすくなるそうです。

例えば、揚げ物などが代表ですね。

揚げたり焼いたりするより「蒸す」のが一番良いらしいですよ。

食べる時はGI値を意識しよう!

GI値って一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

GI値とは、食後の血糖値を上げる数値を示したもので、低ければ血糖値の上昇は緩やか、高くなるほど急激に上がる食材の数値を指します。

糖化を防ぐにはGI値の低いものを意識して食べていく必要があります。

 

血糖値の上がり方には体質などの個人差があり、一概には言えないものですが、GI値はそれぞれの食材を食べた2時間後に血糖値を計測したもので判別されています。

少々の誤差はあっても、人体に与える影響というものはそれほど変わらないと思いますので、ぜひ参考にして食事を考えてください。

 

血糖値を下げるということは、インスリンの余剰をできるだけ抑えるということなので、痩せやすい体になるということです。

先述したようにインスリンは成長ホルモンで、脂肪細胞を太らせ肥満のきっかけになります。

肥満は糖化の元凶ともなりますので、低GI値のものを摂っていくのは糖化予防にもなるし、糖尿病予防にもなるし、ダイエットにもなるわけです。

完全に糖質オフにもならないので危険ではありませんし、GI値を知っておくことは健康と美容に大いに役立つと思っていいでしょう。

低GI値 そば、玄米、ライ麦パン、大豆、海藻、きのこなど
中GI値 砂糖、じゃがいも、全粒粉のパンなど
高GI値 白いご飯、白いパン、うどんなど

覚えにくければ、小麦粉と米だけに絞って、

「限界まで精製した白いものは良くない、粉や籾殻が残って色がついてるものは割といい

と覚えておくといいでしょう。

AGEの多い食事は極力避ける!

砂糖とタンパク質が合わさって焦げる現象を「メイラード反応」と言いますが、メイラード反応を起こした部分にはAGEが多いと言われています。

AGEとは「糖化を引き起こしやすくなる物質」です。

さっきから例に出ているホットケーキの茶色の部分もそうですし、プリンのカラメルなどもそうです。

照り焼きなんかも、砂糖とタンパク質が合わさるのでメイラード反応を起こしやすく焦げやすいですよね。

 

そういう部分を食べすぎると、AGEが体内に溜まりやすく、糖化が引き起こされる確率が高くなると言われています。

自分で作って、タンパク質と砂糖が合わさった料理だとわかっているなら避けようもありますが、スナック菓子にも案外とタンパク質と砂糖が配合されていて、メイラード反応で美味しくしたものが結構あります。

焦げていないように見えるものでも、AGEは含まれていると思って表示をよく見たほうがいいです。

 

ちなみに小麦粉のお菓子でもタンパク質が10%ほど含まれています。

「え~…AGEわかりにくい!」と思う方のために見分け方を伝授します。

 

  • きつね色のもの
  • 焦げをアクセントにしたもの
  • 香ばしい風味のもの
  • 糖とタンパク質が加熱されたもの

 

焦げの香ばしさって美味しいんですけどね!あまり良くないんですって。

子供の頃に「焦げたところは食べたらダメ」と言われた記憶がありますが、そういうことだったんですね。

 

生菓子以外のお菓子はほとんどが加熱されてますね。

そして牛乳や卵が使われているものがほんとに多いです。

市販のお菓子はAGEが多いと思っておいて間違いないだろうと思います。

 

どんなにスキンケアしてもくすみは消えないの?

糖化は一度進んでしまうと元には戻りません。

これは悲しい現実です。

できればもっと早くに知って対策をしたかったですが、それを言っても仕方ない!

すっぱりと潔く諦めて、これからの糖化を防いでいかないといけません。

 

それに、スキンケアは糖化が始まった肌ほど必要ですよ。

 

糖化はターンオーバーを滞らせ老化を早めます。

だからこそ、洗顔から気をつけて徹底的にエイジングケアしていかないと、どんどん老いることになります。

 

では、どんな化粧品を使っていくかですが、メイクや汚れを吸着してしっかりとオフしながらうるおいも与えてくれる洗顔料、保湿力の高い化粧水、ハリツヤを与える成分が配合された美容液…

要するに、エイジングケアを徹底的に考えたものを使って、しっかりとうるおいを与えていくことです。

抗糖化の化粧品もあるにはあるんですが、角質層までしか届かない化粧品では無理があります。

糖化は真皮で起こっていますから…。

逆に気をつけたいのは、抗糖化の言葉に騙されて高いラインを買わないことです。

 

よく見かける評判の良いエイジングケア商品で充分ですので、とにかく保湿を徹底的に行います。

別にラインじゃなくても構いません。

自分が納得行くものを揃えましょう。

いざターンオーバーが来た時に抜かりなくターンしてもらわないといけませんから、しっかりうるおしていつもプルプルにしておくのです。

 

まとめ

糖化とはなんと残酷な現象でしょう。

シミも治りにくくて怖いですが、くすみも根深い問題ですね。

悩む人が後を絶えないのがこれでようやくわかりました。

だって消えないんですもんね…。

 

女性の深い悩みでもあるわけで、おそらく美容業界はこぞって研究していると思います。

そのうち画期的な商品も誕生する日が来るでしょう!

その日を首を長くして待ちながら、徹底的に保湿を心がけて、これ以上糖化は決して起こさない!という強い決意で、体内から改善をしていきましょう!

 

まずは洗顔料から見直しましょうか!

ちなみに、洗顔料はどろあわわがおすすめです。

クレイのもっちり泡洗顔でしっかりと毛穴汚れをオフして、化粧水や美容液の浸透率を上げていきましょう!

 

 

レビュー
マナラホットクレンジングゲルを使ってレビューしてみた!【口コミ体験談】

マナラホットクレンジングゲルを購入してみた!どのくらいで届くの? マナラホットクレンジングゲルの動画レビュー! ※マナラ ...

続きを見る

 

レビュー
どろあわわが効果ない?実際に使ってレビューしてみた!口コミ体験談!

  「どろあわわに興味があるけど、本当に毛穴がキレイになるのか疑ってしまう」   という人もいますよ ...

続きを見る

 

ランキング
最強のおすすめクレンジング人気ランキングを大公開!(ニキビ肌、乾燥肌、マツエク)

ニキビ肌にもおすすめのクレンジングとは?! 私は中学生の頃から、繰り返しできるニキビに悩まされてきました。 アクネ菌増殖 ...

続きを見る

-くすみのお悩み

Copyright© クレンジングおすすめ.com-どろあわわが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.